Hulu、netflix、abemaTV、dTVなどのリアリティーショーを15年以上見続けている私が本音でレビューします。

リアリティーショー図鑑

テラスハウス

テラスハウスがつまらないと思う理由は恋愛が減ったから

2012年からスタートしたテラスハウス

日本のリアリティーショーの代表的作品ですよね。

2015年にネットフリックスに移ってからも視聴し続けてきて、これまで全シリーズ見ています。

現在は、tokyo 2019-2020編を配信していますが、最近はテラスハウスがつまらないと感じています。

その理由についてまとめました。

 

テラスハウスのこれまで

テラスハウスのこれまでのシリーズをざっとまとめました。

 

  • テラスハウス 湘南編
  • テラスハウス 東京編
  • テラスハウス ハワイ編
  • テラスハウス 軽井沢編
  • テラスハウス tokyo 2019-2020編

 

これまで5回舞台を移動して、ずっとシリーズが続いてきています。

 

 

 

衝撃の軽井沢編

湘南→東京→ハワイと続いてきて、2018年の舞台は軽井沢でした。

軽井沢から明らかに流れが変わりましたよね。

特に後半から。

 

 

テラスハウスと言えば、おしゃれな雰囲気で、芸能人じゃないけどキラキラしている若者の日常を描く群像劇です。

(私はそう思ってます笑)

入居した人同士の恋愛ドラマも見どころですが、それぞれが仕事や夢に頑張る姿も面白く見ていました。

 

 

軽井沢編から、メンバーの質が変わってきて、特に後半からは急激におかしくなっていきました。

女子のもめ事というのは、これまでもずっとありましたが、軽井沢編からはかなり陰湿な感じに。

世論も巻き込んで、炎上してましたね。

ある意味、怖い物見たさで盛り上がった節もあったようですけど、

テラスハウスにおしゃれさ、素敵な恋愛ドラマ、美男美女の登場人物を求めていた層の人は引いたはずです。

私もその一人で、なんかつまらなくなったなぁ~と感じている要因の一つです。

 

スタジオメンバーの意見の偏り

軽井沢編からスタジオメンバーの意見が偏っていることに違和感を感じました。

 

 

例えば、グラビアアイドルの小瀬田まゆが住んでいましたが、恋愛に積極的な性格だったので、グイグイ行っていました。

それをスタジオでは「怖い」とか色々言ってましたね。

でも、いじめっ子の田中さんや寮長こと、中村さんにはあまり言わず。

 

 

言いやすい人には文句いって言いづらい人にはあまり言わない、という風潮を感じました。

これは視聴者の間でも結構言われていましたね。

 

 

テラスハウスに出演する人はこれから芸能界進出を検討している人が多く、そういう人はテラスハウス出演時点ですでに事務所に所属しています。

なので、事務所力によって批判されるかどうかが分かれているのでは?という意見があります。

そして、何の後ろ盾もない(であろう)一般人にはあまり強く言えない、という。

そういう人にも強く言うのは山ちゃんだけ、というような感じでした。

 

山ちゃんのキャラ変

2019年に女優の蒼井優さんと結婚した山ちゃん。

これまではスタジオでは童貞キャラで、恋愛マスターの徳井さんに諭されるというポジションだったのが、結婚によって崩れた節がありました。

それでご本人も焦ったのか、発言が変わってきたように思いました。

 

 

しかし、恋愛に関しては、もしかすると受け取り手の問題なのかもしれません。

何か卑屈な発言をされても、「蒼井優さんと結婚している」という事実が頭をよぎるので、童貞キャラに無理を感じてしまうというか。

 

 

ただ、必要に粗探しをしているところは本当に目立っていました。

その辺は気づいた人も多いようで、山ちゃんねるのコメント欄を見ると一目瞭然です。

翔平が卒業した頃は批判すら集まっていました。

 

 

が、最近は視聴者の意見を代弁するような発言が増えてきたので、持ち直してきた感があります。

 

売名臭が強くなった

テラスハウスが人気になりすぎたのか、露骨に売名目的な人、行動が増えたように感じました。

まぁ売名といえば初期からずっとそうなんでしょうけど。

 

 

みーこはテラスハウスきっかけで人気になったし、まいまいは歌手として知名度上がりましたし。

ハワイのローレンはアメリカのドラマにまで出演したほど。

確実にステップアップしたメンバーがいたので、それで私も!という人が集まってきたのでしょう。

 

 

しかし、軽井沢編からそこまでのステップアップができる才能がある人がいなくなり…

キャラクターに魅力がある人が集まらずに、心底「売名目的」の人が集まるようになったようです。

一言で言うと「人材不足」ですね。

 

恋愛要素が減った

テラスハウスがつまらないと感じている最大の理由はこれです。

恋愛要素が減ったこと。

実際は軽井沢編でもtokyo編でも恋愛模様はあるんですが、それよりも女子同士のケンカや住人同士のもめ事の印象が強くて、恋愛ドラマが薄れています。

もめ事は見ると疲れるんですよね~

海外のリアリティーショーだともめ事だらけなんですけどね…

 

 

同じ日本人だと身近に感じて余計にストレスを感じる気がします。

海外のリアリティーショーだと、距離をとって見れるというか。

 

 

このようにテラスハウスがつまらない、と思った私が次にハマったのがabemaTVのリアリティーショーでした。



 

abemaTVにはオリジナルのリアリティーショーがたくさんあります。

その中でも恋愛系のリアリティーショーが本当に面白くて。

 

 

テラスハウスで満たせない恋愛ドラマを見たい欲を満たしてくれました。

 

 

特に面白かったのが、「恋愛ドラマな恋したい」です。

 

「恋愛ドラマな恋したい」とは?

 

「恋愛ドラマで恋人を演じたら本当に相手を好きになるのか?」というコンセプトの元、俳優志望、女優志望の若者、男女8人が恋愛ドラマを演じます。

毎回色々なシチュエーションのキスシーンが用意されていて、オーディションで選ばれた男女一組がカップルを演じます。

 

 

まずはペア決めからスタート。

男性から一緒に演じたい女性を指名します。その逆の場合もあります。

これはつまり、イコール好意ということになります。

 

 

一緒に演じたいという俳優としての欲望でもあり、個人的な好意でもあり…

という時点でワクワクしますw

 

 

リアリティーショーによくある構成で、VTRをスタジオで見守るメンバーがいます。

メインのMCは渡辺直美さんです。

ジャルジャルの福徳秀介さん、モデルの谷まりあさん、俳優の大野拓朗さんがいます。

 

 

純粋そうに見える子がすんごいキスしたり、一人の子に人気が集中して取り合いになったり…

途中でデートする企画などもあるのですが、一人だけ選ばれなかったり。

相手選びで人気が偏るところがリアルですよねw

 

 

テラスハウスよりももっと恋愛がメインなので、キュンキュン要素満載!

恋愛系のリアリティーショーを見たい人には本当におすすめです。

 

 

他にも「オオカミくんには騙されない」「今日、好きになりました」も恋愛系なので面白いです。

両方女子高生に人気で大人からすると世代が若すぎるかもしれません。また、「オオカミくんには騙されない」の初期はギャルが多めですw

しかし、シリーズの後半からはギャルばかりではなくなって、もっと多彩なメンバーになっていきます。

竹内涼真の弟や、セブンティーンモデルの子も出ていたりします。

 

 

すべての作品が見放題のAbemaプレミアムというプランは、月額960円(税込)です。

が、無料体験期間があるので、初回は1か月無料で見れます!

 

 

ちょっと注意点がありまして、PCから登録すると無料期間は1か月ですが、アプリから登録すると無料期間は2週間です。

無料トライアル期間が終わると、自動でabemaTVプレミアムに登録され月額発生しますが、

更新日時の24時間前に解約すれば、お金は一切かかりません。

 

 

ひとまず「恋愛ドラマな恋したい」は1話30分程度。

面白いので、一気に見れてしまいます。

シーズン1くらいなら、余裕で1か月の間に見れてしまうでしょう。

 

 

最近テラスハウスつまんないなー、恋愛を見たいなーと思っている方には「恋愛ドラマな恋したい」は本当におすすめです!

 

 

↓↓↓無料登録はこちらから↓↓↓

すべての作品が見放題【Abemプレミアム】

-テラスハウス
-,

Copyright© リアリティーショー図鑑 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.